女性の抜け毛・薄毛治療

MENU

なかなか聞けない、女性の薄毛の原因と治療

女性の脱毛・薄毛治療について

「薄毛といえば、男性特有の悩みだと思ってた。

 だから、自分はおかしいのかなぁと・・・」

 

そんなふうに思い込んでいませんか?

 

実は「抜け毛・薄毛の悩み」を訴える女性は近年増加の一途をたどっているとのこと。
AGA専門クリニックでも女性専用の診療科目をあげる病院が増えてきています。
では、実際どういう治療があるのでしょうか?男性とは治療法が違うのでしょうか?
そこで、女性の薄毛の原因、そしてその治療方法について解説してみました。

 

『びまん性脱毛症』と『FAGA(女性男性型脱毛症)』

女性の脱毛・『びまん性脱毛症』と『FAGA(女性男性型脱毛症)』

女性の薄毛は部分的ではなく髪が細くなり頭髪全体が薄くなることが多く、このような症状を『びまん性脱毛症』と呼びます。
その中でも多いのが女性ホルモンが減少することによる薄毛です。

 

本来、女性ホルモンであるエストロゲンは、発毛を促し、艷やかな髪を維持する働きをしています。
しかし、中高年となり加齢や老化、閉経を迎えて女性ホルモンが急激に減少してしまうと、女性の体内にもある男性ホルモンの影響を受けやすくなります。
すると、男性の「AGA」と同様にヘアサイクル(毛周期)が乱れてしまい、抜け毛や薄毛となってしまうのです。
このような原因で引き起こされる症状を特に『FAGA(女性男性型脱毛症)』と呼びます。

 

またホルモンバランスというのは、とても繊細です。加齢や老化以外でもストレスや生活習慣の乱れなどでも崩れてしまうものです。
そのため、最近では20代や30代の若い女性でも、ホルモンバランスの乱れから薄毛に悩む女性が増えています。

『FAGA(女性男性型脱毛症)』の特徴は?

女性の脱毛・『FAGA(女性男性型脱毛症)』の特徴

女性の薄毛『FAGA(女性男性型脱毛症)』の特徴としては次のようなものがあります。

  • 髪の毛のボリュームが減ってきた
  • 以前と比べて頭頂部や分け目が目立つようになってきた
  • 細くて弱々しい髪が増えてきた
  • 髪の毛のコシがなくなってきた
  • シャンプーやブラッシングをする際、抜け毛が気になる
  • 家庭や仕事など、日頃からストレスを感じている
  • 頭皮のベタつきが気になる
  • 食事や運動、睡眠など生活習慣が乱れている

気になる項目が多い場合は『FAGA(女性男性型脱毛症)』の可能性が高いといえます。

女性が薄毛になる原因は?

女性が薄毛になる原因は?

ホルモンバランスが崩れてしまったり、頭皮に悪影響を与えてしまう原因として、次のようなことが挙げられます。

加齢

女性ホルモンは年齢と共に少しずつ減少し、AGAの原因となる男性ホルモンが優位になり抜け毛が起こりやすくなります。
また頭皮の潤いを保つのに必要なコラーゲンや皮脂も減少するため、頭皮が乾燥し脱毛に繋がると考えられています。

極端なダイエット

過度なダイエットは身体全体が栄養不足に。当然、毛髪にも栄養が行かずに成長が止まってしまい、抜け毛や髪がやせ細って行きます。
また過度なダイエットは女性ホルモンの分泌が低下する一因にもなります。

不規則な生活

栄養バランスが崩れてしまったり、遅い時間に食事をしたりと生活のリズムが不規則になりホルモンバランスを崩してしまい、脱毛を引き起こすことがあります。

ストレス

ストレスが溜まるとホルモンや自律神経のバランスが乱れ、血管収縮により血行不良を起こし、毛髪に必要な栄養を運べなくなり抜け毛になります。

パーマ、カラーリング等のヘアケア

洗浄力の強いシャンプーなどで頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまい、皮膚トラブルに。その影響で抜け毛がひどくなることがあります。
またカラーリングやパーマは毛髪にダメージを与えるだけでなく、頭皮にもダメージを与えてしまう為、脱毛が起こりやすくなる傾向にあります。

経口避妊薬(ピル)の使用

経口避妊薬(ピル)の服用でもホルモンのバランスが変わります。服用をやめてしまうとまたホルモンバランスが崩れて抜け毛が激しくなることがあります。

出産直後(分娩後脱毛症)

妊娠中は、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が盛んになり、髪の成長期が続くため自然な脱毛が減ります。
ところが出産すると、女性ホルモン分泌量が通常量に戻るため、これまで長い間成長期だった毛が一気に休止期に。
これにより一時期に抜け毛が多くなることがあります。ですがこの場合は、通常は半年〜1年で元に戻るので大丈夫です。

女性の薄毛治療に『プロペシア』はNG?

女性の脱毛・プロペシアはNG!

AGA治療薬で一番有名でかつ効果が高いと認証されているプロペシアですが、男性の薄毛には有効なプロペシアも女性には有効とは限りません。
それどころか、特に妊娠中の女性は薬に触ることすら注意を促されています。

 

なぜでしょうか?
それは男の子を妊娠していた場合、胎児の外性器奇形に影響が出てしまうからです。
そのため、妊娠の可能性のある女性には処方されることはありません。

女性の薄毛治療の種類

女性の脱毛

女性の薄毛治療としては次の種類があります。

女性用治療薬を含むAGA治療薬

男性用のプロペシアに代わる、女性のびまん性脱毛症治療に有効な内服薬としてパントガール[pantogar]がありがます。
その他、発毛促進するミノキシジルや抗炎症剤、ビタミン・ミネラル類、外用薬や病院によったら漢方等を用います。

育毛メソセラピー等の頭皮への治療薬注入治療

頭皮に発毛に成長因子を含む有効な成分を直接注入し発毛効果を高める事を可能にする治療法です。

HARG療法

サイトカインによる「医療毛髪再生術」を用いた独自の毛髪治療法で、頭皮にHARGカクテルを直接注入する治療法です。

自毛植毛

自分自身の頭髪の濃い部分から毛根を採取し、薄くなった部分に移植する治療です。

KERASTEM(ケラステム)毛髪再生

KERASTEM(ケラステム)毛髪再生は、血管の新生や頭皮内の脂肪不足を改善できる毛髪治療です。

まとめ
女性の薄毛治療は「プロペシア」を使用できない(その代わり『パントガール』を使用)ことを除けば、薄毛治療の種類は男性の薄毛治療とほぼ同じです。
(男性の薄毛治療の種類については『教えて!薄毛治療にはどんなのがあるの?』へ。それぞれもっと詳しい解説を書いています。)
ですので、ほとんどのAGA専門クリニックでも女性の薄毛治療は可能です。また、今は受診しやすいように女性の薄毛治療専門の診療科を設置したりするところもあります。

 


女性の薄毛外来が増えているとはいえ、男性の多い専門外来にいくのは勇気がいることです。ですが、最近の薄毛外来を専門にしているAGA専門クリニックの多くは、そうした部分にも配慮し、完全予約制にして待合室を他の患者といっしょにならないように完全個別にしたり、女性専用スタッフをサポートにつけてくれたりしてくれます。
また、そうした部分の確認だけではなく、実際に無料カウンセリングを受けてみて、自分にあうあわないもしっかりチェックしてから治療を開始することをおすすめします。